他社製品との連携について

他社製品との連携について

現在のところ、有料プランにおいてNTTデータ社の「年末調整・法定調書の達人」にデータを連動させることができます。また、様々な年末調整ソフトとの連動を検討しております。ご期待ください。

    年末調整ソフトとの連携(CSVデータ)

    NTTデータ社の「年末調整・法定調書の達人」にインポート可能なCSVデータをダウンロードすることができます。

    (平成30年分版以前。達人側では「データのインポート」から、「給与・賞与データのインポート(旧バージョン)を選択してください)

    (令和元年分版以降については、達人側におきましてCSVデータのインポート機能がご利用いただけなくなりました。)

    注【達人での事前設定】

    1. 所属の登録 - ペイブックで部署コードが設定してある場合は、達人にも同一の「所属コード」を登録してください。
    2. 社員の登録 - ペイブックの社員コードと同じ番号を達人の「社員コード」として登録してください。
    3. 社員への所属の割当 - 「社員の登録」において、各社員の所属コードを正しく入力してください。
    4. 上記3要素によって社員を識別しインポートいたします。

    また、ハンド社の「魔法陣」にも対応しています。(詳細は「ハンド社」にお問い合わせください。)

      CSVによる給与データの取り込みについて

      過去のデータなど、CSVデータを取り込むことができます。

      [会社情報]ページの右上、「給与データをCSV形式でアップロード」ボタンをクリックしてください。

      この場合、ペイブック用のフォーマットをダウンロードしていただき、CSVをそのフォーマットに合うように整形してからインポートしてください。

      CSV作成時の注意点

      1. 氏名の完全一致にて社員を判別しています。そのため、姓と名の間にスペースがあるかないかだけで別人と判断されます。(登録した社員が「山田太郎」で、アップロードファイルの名前が「山田 太郎」(スペースがある)の場合は別人とされ、新しく社員が作成されてしまいます。ご注意ください)
      2. 金額にはカンマ(,)を入れないでください。

      アップロード後の注意点

      アップロードした直後の状態では社会保険料や税金・合計金額などが計算されていません。

      (例えば、健康保険料を空欄にしたCSVをアップロードした場合、ペイブックでも空欄になります。)

      アップロード後に「給与を編集する」画面を表示し、「保存」ボタンを押すと、そのときの設定に応じて再計算されます。

        CSV取込の際、標準報酬月額はどんな数値を入力するのですか

        CSV一括登録の際の標準報酬月額には「月額」の値を入力してください。

        たとえば、報酬月額が「310,000 ~ 330,000」の場合、入力する値は「 320000 」となります。

          XMLデータについて

          NTTデータ社の「年末調整・法定調書の達人」にインポートできる形式のXMLデータを出力することができます。

          【注意!】

          ただし、ペイブックに入力欄がない項目(扶養親族やマイナンバーなど)の情報がすでに「達人」に入力してある場合、ペイブックから出力したXMLファイルを取り込むと、保存されていた情報が消去されてしまいます。

          消去されてしまった場合、「達人」側で改めて入力し直す必要がありますのでご注意ください。

          (平成30年版の「年末調整・法定調書の達人」をお使いの方の場合は、XMLデータではなく、CSVファイルを出力してインポートしてください。「給与・賞与データのインポート(旧バージョン)」にてCSVファイルをインポートした場合、マイナンバーなどが消去されずに給与データを取り込むことが可能です。その後に令和元年版にデータを更新することをおすすめいたします。)

          なお、ペイブックからデータを取り込む前に達人のデータをいったんエクスポートして保存し、ペイブックのデータをインポートしてから、保存した達人のデータをインポートすることで、ほとんどの項目は入力し直すことなくデータを更新することが可能です。その手順は以下のとおりです。

          (1) 達人から「社員データ」をエクスポートする

          1. 達人のメニュー「データのエクスポート」から、「社員データのエクスポート」を選択してください。
          2. 「CSVファイル形式」を選択し、「確定」ボタンを押してください。
          3. 適当なファイル名を指定してから「保存」ボタンを押し、データを保存してください。

          (2)達人から「個人番号データ」をエクスポートする

          1. 同じく達人のメニュー「データのエクスポート」から、「個人番号データのエクスポート」を選択してください。
          2. 「個人番号ファイル(CSVファイル)」を選択し、「確定」ボタンをクリックしてください。
          3. 「個人番号:⦿出力する」、「控除計算対象外の該当者:⦿出力する」を選択し、対象者の選択欄では「全員」のチェックを入れてください。(一部の対象者にチェックがついていますが、「すべての対象者」にチェックがされていることを確認してください。漏れていると、インポートされません。
          4. パスワードを設定して「確定」ボタンをクリックしてください。(パスワードは(5)で再び使用します。)
          5. 適切なファイル名を指定し、「保存」してください。(ファイル名の拡張子は「.CSV.TZE」です。)

          (3)ペイブックのデータをインポートする

          1. ペイブックのトップページの中ほどにある「給与データのダウンロード」から、「年調・法定調書の達人 形式(XML)」をクリックしてください。XMLファイルがダウンロードされます。
          2. 達人のメニュー「データのインポート」から、「中間ファイル(給与用)からのインポート」を選択し、「確定ボタンをクリックしてください。
          3. 先ほどダウンロードしたペイブックのXMLファイルを指定し、「開く」をクリックしてください。
          4. 社員コードとの紐付けが正しくされているか確認してから、「実行」をクリックしてインポートしてください。(達人の社員コードとペイブックの社員コードが異なる場合、別人として登録されてしまいます。)

          (4)「社員データ」を書き戻す

          1. 達人のメニュー「データのインポート」から、「社員データのインポート」を選択し、「確認」ボタンをクリックしてください。
          2. インポート方法の選択は、「【追加/更新】」を選択したまま、「確認」ボタンをクリックしてください。
          3. 先程(1)でエクスポートしたファイルを選択し、「開く」をクリックしてください。

          (5)「個人番号データ」を書き戻す

          1. 達人のメニュー「データのインポート」から、「個人番号データのインポート」を選択し、「確定」をクリックしてください。
          2. 「個人番号ファイル(CSVファイル)」を選択し、「確定」ボタンをクリックしてください。
          3. 先程(2)でエクスポートした個人番号データファイルを選択し、「開く」をクリックしてください。パスワードを求められますので、設定したパスワードを入力して「確定」をクリックしてください。
          4. インポートの設定欄では、「□控除計算対象外の該当者をインポート対象とする」にチェックを入れて、「確定」ボタンをクリックしてください。

          (6)内容を確認する

          上記によって達人に保存されていた社員データを保持したままで給与・賞与データのみペイブックのデータをインポートすることが可能になります。

          在職/退職のステータスや退職年月日など、達人のデータとペイブックのデータが異なる場合、達人のデータが上書きされてしまうため、ペイブックのデータは反映されません。年の途中で社員データの内容に変更がある場合は、達人に反映させる必要がありますので、ご注意ください。