給与明細と支給額が違う。そんな時どうすればよいの?

投稿者: yosiyuki

一律の金額を給与として支払うのであれば、間違いは起りにくいですが、多くの従業員にそれぞれ異なる金額を給与として支給しなければなりませんので、どうしても給与明細の支給額と実際に支給する金額を間違ってしまうという事態が発生してしまいます。

給与の間違いはお金の問題ですので、対応を誤れば、大きなトラブルに発展しかねません。

今回は、給与明細と実際の支給額が違ってしまった場合の対処方法についてです。

本当に給与明細と実際の支給額が違うのか?

従業員から給与明細と実際の支給額が違っていると問い合わせを受けた場合、まず本当に給与明細と実際の支給額が違っているのか確認しましょう。

従業員の中には、給与明細の見方がよくわかっていない人もいますので、総支給額と控除の関係を説明する必要があるかもしれません。従業員に給与明細の内容を説明する場合は、以下のポイントを押さえて説明してください。

  • 社会保険料(厚生年金、健康保険、雇用保険)が控除されること
  • 所得税、住民税が控除されること
  • 社内預金をしている場合、社内預金が控除されること

給与明細と実際の支給額が違う場合の対応

本当に給与明細の支給額と実際の額が違っている場合は、可及的速やかに差額を清算しましょう。

給与明細の支給額と実際に支払った金額が違うということは、かなりデリケートな問題であり、従業員が企業に対して不信感を抱きやすいため、ここで対処を誤ると大きなトラブルになりかねません。素早い誠実な対応が必要です。

給与明細より多く振り込んでしまった場合

給与を給与明細の支給額より多く従業員の口座に振り込んでしまった場合、まず振り込んでしまった金額から給与明細の支給額を引き、多く振り込んでしまった金額を算出します。その上で、給与を多く振り込んでしまった従業員に、多く振り込んでしまった金額を通知します。そして、できれば従業員と相談し、現金で回収するか、翌月の給与で清算するかを決めてください。

労働者から現金で回収する

当月の給与の過払い金を労働者から現金で回収する場合、過払いが直近のことなのであまりトラブルにはなりません。

しかし、給与の過払いが6カ月前のことであったり、1年前のことであったりする場合、従業員側からすると、すでに使ってしまったお金を取られることになり、心理的にも経済的にも抵抗感が発生するため、トラブルになりがちです。従業員にいつの時点でいくらの過払いがあり、いつまでに返却してほしいかを十分に説明した上で、過払い金を回収してください。必要なら、分割払いなどの支払方法も検討しましょう。

翌月の給与で清算する

当月の給与を過払いしてしまった場合、翌月の給与の調整金というかたちで清算することができます。

労働基準法の「賃金支払いの5原則」の「全額払いの原則」がありますが、昭和23年9月14日の行政通達で、「前月分の過払い賃金を翌月分で精算する程度は、賃金それ自体の計算に関するものであるから、法第24条の違反とは認められない」とされていますので、翌月の給与で清算することが可能なのです。しかし、翌々月以降に関しては、触れられていませんので、清算が翌月以降になってしまう場合は、給与とは別に給与を過払いしてしまった労働者に請求し、過払い金を回収しなければなりません。

翌月の給与で清算する場合、あらかじめ給与を過払いしてしまった労働者に、翌月の給与で、いくら差し引くかを通達しておきましょう。

このとき、調整金を所得税の計算に入れないように注意してください。

給与明細より少なく振り込んでしまった場合

給与を給与明細より少なく振り込んでしまった場合、まず給与明細の支払額から、実際に振り込んだ金額を引き、追加で支払わなくてはならない金額を算出します。それから速やかに給与を少なく振り込んでしまった従業員に、足りなかった金額を通知し、すぐに現金で清算するか、翌月の給与で清算するかを相談してください。

労働者に現金で支給する

現金で清算する場合、足りなかった金額を従業員に手渡すときに、忘れずに領収書、もしくは規定のフォーマットに領収印をもらっておきましょう。

間違いなく支払ったという証拠を残すことで、後々のトラブルを避けることができます。

翌月の給与で清算する。

翌月の給与で清算する場合、足りなかった金額を調整金として、給与明細に計上します。

この場合、この調整金に対する所得税は、すでに徴収済みであるため、所得税の計算に入れないように注意してください。ここで所得税計算に入れてしまうと、所得性の2重取りになってしまいます。

給与明細と支給額が違う場合のまとめ

給与明細の支給額と実際の支給額が違ってしまった場合、可及的速やかに清算しましょう。1カ月以内であれば、現金による清算も、給与での清算も可能です。翌月の給与で清算するときは、所得税の計算に清算金額を組み込まないよう注意してください。

給与明細と実際の受取金額が違うということは、トラブルに発展しやすいデリケートな問題ですので、くれぐれも慎重に対応しましょう。

PayBookで給与計算を3分で終わらせよう

Call to action 2637f6c22e86b78ff0c5604eedc757ce7e3e624058d4e960ad5cae39eea351f9

給与計算に時間をかけていませんか?

面倒な入力や計算はPayBookに任せましょう。

インストールは不要

Mac、iPadでもすぐに無料ではじめられます。

Paybook banner 9d42b11a908df93d13457889e812f33b8f66e0752cecebbaefe618b545fc4fcf

カテゴリ

人気の記事

最新の記事

RSSフィード

フィードを登録する Paybook banner 9d42b11a908df93d13457889e812f33b8f66e0752cecebbaefe618b545fc4fcf